振り返りながら前進しよう。

日々の暮らしにおいて「その時、その時」に自分の心を据えて取り組むことで「後悔」とか「あぁなんであんなことしちゃったんだろう。」ということがあまりないようにしています。だからと言って「失敗」を恐れているわけでもなく、起こったことには何かのレッスンがある!という感じで受け止めています。

そんなことを体感したのは2015年であった…と振り返っています。

2015年はイタリアでのスノーボードの怪我で幕開け。回復までにとても時間がかかりましたがこの怪我のお陰で、たくさんのことを学ぶことができました。
体がちょっとでも調子が悪いと物事の運びもスムーズに行かなくなり、体だけでなく心の調子も滞ってしまいますが、今回の怪我で体と心のつながりを再認識でき、いかにして心のバランスを整え、少しでも効果的に怪我の治りを向上させることができるかということが今年丸1年の課題だったと年の暮れになり気がつきました。

怪我をした時にはみんなに「何で途中で止めなかったの?」とか、「スキーのままにしておけばよかったのに。」とか色々言われましたが、当人の私は「大丈夫大丈夫、骨折れてないし、歩けるから大丈夫。怪我は意味があって起こったことだから。」という感じでした。

一番辛かったのは、治りかけの「もう大丈夫よね。」という油断で引き起こした怪我第2弾、そして第3弾。2弾目は大腰筋、3弾目は仙骨周辺の筋肉と椎体のアンバランスが引き起こした問題…などなど、仕事に支障をきたす状況がかなり続きました。

それまで私の運動、ヨガのアーサナシークエンスはかなり過度のあるものでしたが、それらを行うと怪我の治りが遅くなることに気づき、全くこれまでのものとは違う角度から「体」と向き合うことにしました。

幸いにもお会いしたドクターやマスター(師匠)が良い方ばかりで、皆さんからお光のような助けの手を差し出していただき、怪我の回復はスピードアップ。それに合わせて自分の心もみるみる「芯」を太くしていきました。

怪我のお陰でお会いし、仕事のお世話までしてくださった腕利きオステオパシードクターAaron Anderson先生、胸の奥深くに眠っていた私の夢を叶えてくださったJoe Lok師匠には心から感謝しています。
そして遠くからでも根気強く私の仕事の後ろ盾をしてくださるLone Sorensen先生、私の唐突なお願いも快諾してくださったSasaki Satoe先生、香港のつながりを与えてくれたEric StandopStephanie Luo、小さなヨガクラスにも関わらず美味しいベガンフード提供のコラボを毎月してくださったShima Shimazuシェフ、得体の知れない日本人ヨガインストラクターに付いてきてくれる生徒のみんな。そしてその生徒を紹介してくれた香港とルクセンブルクつながりの親友Stephane Loupy。ルクセンブルクに帰るたびにサポートしてくれるOdette Tonnaer社長。書き出したらきりがないくらい、今年も本当にたくさんの人にお世話になりました。

この1年お世話になった皆様には2015年をググーッと遡って大きな大きな「感謝」の光をお送りしたいと思います。

皆様の心の光に「合掌」。

皆様の前進する道に輝く光が降り注ぎますように。

Hong Kong View 23.15.52

広告

2016年のスケジュール

色々と綴りたいことはあるのですが、まずは2016年1月のスケジュールをアップデートしておきます。
新年からはヨガクラスとフェイシャルリフレクソロジーの両方をスケジュールに掲載することにしました。
というのも、ヨガとフェイシャルリフレクソロジーを組み合わせることで皆さんの若返りと心身の健康維持に良い成果が期待できますし、ぜひ両方合わせてお受けいただきたいと思っているので、すべての活動スケジュールをまとめることにしました。

表示されている時間はスタート時間となります。
フェイシャルリフレクソロジーについては必ずしも表示されている時間だけの受付ということではありませんので、お日にちとお時間のお問い合わせはお気軽にお問い合わせくださいませ。

January_2016
詳細については後日、別途ご案内させていただきます。

「ヨガ」と「フェイシャルリフレクソロジー」

ヨーロッパで積み上げた経験を生かして、再始動した「MARI Yoga in 香港」と「FACE & SOUL by MARI Yoga」も皆様の温かい応援に支えられ、2015年は残すところ2日間の営業(12月30日&31日)を残すのみとなりました。

2015年は「まずは活動を知ってもらうところから始めよう。」という目標から始めましたので、思うようにヨガのクラスの告知が広がらなかったり、フェイシャルリフレクソロジーのお仕事については、その深さと効果についてご理解いただいた方、本当にフェイシャルリフレクソロジーが必要と感じていらっしゃる方にのみ提供させていただきました。

とにかくヨーロッパ、特にルクセンブルクでのお客様の数と香港でのお客様の数だけで考えると、「雲泥の差」がありすぎて途中でくじけそうになりそうな時もありました。正直なことを申し上げると…ヨーロッパでは、休みなしでフェイシャルリフレクソロジーのお客様の予約が丸2週間入りますし、ヨガのクラスもスタジオがギューギューになるくらい(屋外の時は制限が無かったゆえに次から次と人が増えて、50人近くになったことも…)の生徒さんに来ていただいていましたので香港に来て「ゼロ」からのスタートは本当に良い挑戦・経験になりました。

IMG_8036
木曜夜のヨガクラスでの1枚。この日は気温が低く肌寒かったので、最後の瞑想は参加者の背中をポカポカヒーターにして行いました。

香港に来て、色々な方にお会いして…

そして今… そして来年…

ヨガのクラスも数か所で開催できるようになり、2016年1月からはさらに2クラスを追加、計4クラスになります。
初心者向け・ベーシックなスタイルを望まれる方向けの少人数クラスで、参加者の皆様が徐々に心身ともに向上されるようにお手伝いをさせていただきたいと思っております。

フェイシャルリフレクソロジーについては引き続き3か所で施術をさせていただきます。またワークショップや資格コースも定期的に開催してまいります。

また6月には私の師匠である「ソレンセン式・顔神経・反射区療法」の創始者であるロネ・ソレンセン氏を香港にお招きいたします。また約10日間の彼女の滞在の間に様々なコース・テクニックを皆様に直接伝授いただけるようなプログラムを考えています。

そして7月にはタイのサムイ島にあるとある「ヒーリングリゾート」でゲストセラピストとしてお仕事をさせて頂く機会もいただいておりますので、随時ご案内についてもこのブログで掲載してまいりますね♪

1年の計は年末にあり。

1年の計を元旦に出しても、ちょっと遅いですね。
…ということに気がつき、12月は2016年度の計画実行に関する土台をコツコツ作成中です。早め早めの準備で、「よーい、ドン!」の出走時に穏やかな心で居られるように心がけています。

 

IMG_7994.JPG
香港島側から九龍側を眺める - Discovery Bay Ferryの船内にて

写真は今朝の出勤時にフェリーから撮影しました。昨年の12月に比べるとかなり暖かい冬です。とても過ごしやすいのでいいのですが、時々「雪のある」とっても寒い冬がちょっぴり恋しいかも。