香港を超えて仕事をする夢。

久しぶりに更新いたします。

本日のお題は「香港を超えて仕事をする」なんですが、「夢」を超えて「現実化」することについて「ちらっ」と書いてみることにしました。

夢を現実にするには運も必要なんですが、その運を掴むための自分の準備も必要なんですよね。
私たちは毎日の生活の中で、その準備をしているんだと思います。

 

私にとって最近「準備中」の原動力みたいになったものがあります。それは昨年ご縁あってお知り合いになった、とあるアメリカ出身の方と共同で開催したワークショップお手伝いにあったと感じています。
その方がワークショップの中で行った「瞑想と夢の視覚化」は結構効き目あったなぁと毎日感じています。

実はワークショップ中に「瞑想と夢の視覚化」を行った時、私の子供の頃の夢だった「海外で通用する人間になること」がパーンっと自分に舞い戻ってきたんです。

その夢、「40」になった今でも自分なりに叶えていると思います。

この13年、あちこちの国で生活して仕事してきたけれど、その生活自体が子供の頃から「したかったこと」なんです。通用する人間のレベルは別として、母国語以外で色々な国の人達と何かをする、何かを作り出す、っていうことが「したかった」ことなんです。

目に留まる小さな石ころを道端で見つけては、それを拾って絹の袋に入れ続け、その石ころをシャカシャカ振り続けながら道を歩き続けています。
そしてある時、その袋を開けたらダイヤモンドの原石になっていた!?

と言う感じです。

ちょっと意味不明かもしれませんが、この詳細は私のワークショップで詳しくお話ししています。

今はその原石に磨きをかけている最中です。

磨き方は色々。

「原石磨きの一歩は海外出張」というのが私の本音。
これは自分のベース以外のところに足を伸ばしたがる私の性分(数秘学で言うと「5」の数字は「旅」「経験」という部分)と関わっているのでしょう。

直近ではシンガポールにいらっしゃるセラピストさん達にご招待いただいて、シンガポールで初めてソレンセン式のコスモリフトの認定コースを開催させていただくことになりました。
他にもクリスタルシンギングボールの演奏家である親友とのコラボで第2回のヒーリングサウンド+ヨガのイベントも開催。自分でできるお顔の若返りワークショップのシンガポール開催もご案内させていただいております。
詳細についてのお問い合わせはメールでご連絡くださいませ。
メール:hello(at)mariyoga.com または hello(at)facialreflextherapy.com
(at) -> @に入れ替えてくださいね。

11月はソレンセン式顔反射区神経療法の生みの親&私の師匠でもあるロネ・ソレンセン氏をまたまた香港にお招きすることになりました。
今回はもっと気軽にソレンセン式のことを知っていただきたいと思い、3時間のワークショップを多めに入れ込みました。ママさんと赤ちゃんケア、お子さんの「心のケア」、ご自身・大人家族の「心のケア」に重点を置いた顔・足・手から行う反射区神経療法の簡単プログラムをご案内いたします。

チケット販売と詳細:こちら(Eventbrite.com)

12月から1月にかけてはとあるヒーリングリゾートでの2回目の出張訪問の予定をいただいておりまして、これはまた正式に決まりましたらご案内させていただきます。
実はご招待いただいているヒーリングリゾートとは自分にとって深〜いご縁があるようで、ここも「夢」の「現実化」と繋がる「何か」があります。

またこのお話は次回に。

というわけで、「夢」の「現実化」を山あり谷ありの中で続けてまいります。