2年越しの「◉」。

circle
暗闇の中にある「光」ってこのことなのかもしれません。自然に作られた「円形」がとても美しく見えます。

”前任地で築き上げたネットワーク、お客様、仕事場に別れを告げ、また全部「ゼロ」からのスタート。同じようにスムーズに事が進むとは限らないし。どうしたらいいんだろう、なんで自分だけがそんな思いをしなければいけないんだろう。何をしたらいいんだろう。”

とういう思いが駐在・転勤族の家族・カップルのうちの「おひとり」によく「フラストレーション」という感情で積み上げられていることが多々あります。

昨日のトークイベントに参加されたお客様全員「そうそう!」と頷いていらっしゃいました。

相方のキャリアの都合で自分自身の「やってきたこと」、仕事、ビジネスをギブアップして、新しい国・街に引っ越すことは大きなエネルギーを必要とします。だから心のメンテナンスをきちんとしてあげないと、「フラストレーション」が積もりに積もってネガティブな感情から、卑屈な考え方をするようになったり、精神の疲れから体調を崩しやすくなったりします。時には状況が悪化して、家族やカップルの間の関係も大変になっちゃうこともありますから、処置は早めに施しておかれることをお勧めいたします。

対応方法はまた後ほど。

先にギブアップと表現しましたが、「手放す」ことは「形」に対してのことだけであって、成し遂げてきた過程の経験でつかんだものは「ギブアップ」する対象ではなくて、「肥やし」であり、その「肥やし」をさらに「良いもの」にするか「使えないもの」にするのかは「自分次第」なんだと考えています。

自分次第の土台である「自分」の生かし方を発掘するのも楽しい時間だと思うのです。

ちなみにMARI Yoga流「自分の生かし方」は「川の流れに身をまかせ」、流れてくる流木や、ぶちあたる岩にも壊れない程度に角度を考え体当たりしてみたり、時々クロール、平泳ぎ、バタフライ、背泳ぎして泳いでみたり、浮き輪をつけて逆流してみたり(的な感じで)、今ある香港ライフを満喫することです。

香港滞在2年の月日は濁流でもなく、清流でもなく、激流でもなく、どこか心地の良い流れでした。
これからどれくらい香港という川に浮いていられるのかは分かりませんが、毎日精一杯おつとめしたいというのが本音です。

その思いが伝わったのか、今日のヨガクラスはいつもより多い人数でした。
クラスの終わりの感謝の縁・◉が美しい形になっていたのがとても印象的です。

広告

感謝の気持ちで始める2016年。

先週末は人生初めて北海道の地へ足を踏み入れ、冬らしい雪の舞う寒い冬日和を満喫でき嬉しい時間でした。残念だったのは、ミシュラン3つ星の某鮨店で夕食をいただいたのですが風邪のせいで味覚が完全ブロックされ、味がほとんどわからず口の中にある感覚だけで食事を堪能することになったことです。ただ、今回の味覚が作動しない食事の経験で本当に「素晴らし質の食」を提供されているお店の「真の凄さ」を感じました。味、サービスはもちろんですが「食感」を十分に提供されているレベルの高さに感動しましたし、これでまた次回立ち寄らせていただく楽しみが増えました。次回は味覚、食感の両方を満喫したいです。

そんな北海道滞在から戻った今週は体調があまり良くなくて「ここで無理をすると長引く!」と思いお仕事すべてお休みさせていただいて、自分の休養に時間を充てております。「今週は全クラスをお休みします…」という連絡を生徒さんに送ったら、皆さんから残念がる言葉や、心優しい言葉でお返事送ってくれて心なしか元気充電をしてもらったような感じです。
レイキの師匠も遠隔レイキを送ってくださったり、皆さんの温かいサポートのおかげで、明日は九州・博多に移動できそうです。
(今年ははとにかく夏が終わるまで移動が多いので、特に体調管理は注意したいものです。)

何はともあれ2016年は自分の「BODY」に溜まっていた疲れを取り除くことから始まったのかもしれません。疲れの原因は1週間の欧州帰省、時差ぼけ、友人達の連続訪香港に加え、飲み過ぎ食べ過ぎだったと思います。もしかすると香港の大気汚染も関係しているのかもしれません。(欧州や空気の綺麗な日本から戻ってくると余計に香港の大気汚染が辛く感じますが、ちょっと空気がひどいと感じたのは香港祝祭日の時でしたので本土からかなり流れて来ているのかなとも…。)

私の体に感謝
あなたに感謝
みんなに感謝
心の光に感謝

来週からは通常どおり
様々なコンディションに効果的な自然療法:
ソレンセン式フェイシャル リフレックス セラピー(顔神経反射区療法)
ナチュラルビューティーを目指す方にオススメのお顔若返りプログラム:
ソレンセン式ジャパニーズ・コスモ・フェイシャル(顔ヨガ・フェイシャルエクササイズ)
そしてヨガクラス(湾仔、セントラル、ケネディータウン)をご提供してまいります。

IMI Yoga 2016
IMI Yoga on Wednesdays

振り返りながら前進しよう。

日々の暮らしにおいて「その時、その時」に自分の心を据えて取り組むことで「後悔」とか「あぁなんであんなことしちゃったんだろう。」ということがあまりないようにしています。だからと言って「失敗」を恐れているわけでもなく、起こったことには何かのレッスンがある!という感じで受け止めています。

そんなことを体感したのは2015年であった…と振り返っています。

2015年はイタリアでのスノーボードの怪我で幕開け。回復までにとても時間がかかりましたがこの怪我のお陰で、たくさんのことを学ぶことができました。
体がちょっとでも調子が悪いと物事の運びもスムーズに行かなくなり、体だけでなく心の調子も滞ってしまいますが、今回の怪我で体と心のつながりを再認識でき、いかにして心のバランスを整え、少しでも効果的に怪我の治りを向上させることができるかということが今年丸1年の課題だったと年の暮れになり気がつきました。

怪我をした時にはみんなに「何で途中で止めなかったの?」とか、「スキーのままにしておけばよかったのに。」とか色々言われましたが、当人の私は「大丈夫大丈夫、骨折れてないし、歩けるから大丈夫。怪我は意味があって起こったことだから。」という感じでした。

一番辛かったのは、治りかけの「もう大丈夫よね。」という油断で引き起こした怪我第2弾、そして第3弾。2弾目は大腰筋、3弾目は仙骨周辺の筋肉と椎体のアンバランスが引き起こした問題…などなど、仕事に支障をきたす状況がかなり続きました。

それまで私の運動、ヨガのアーサナシークエンスはかなり過度のあるものでしたが、それらを行うと怪我の治りが遅くなることに気づき、全くこれまでのものとは違う角度から「体」と向き合うことにしました。

幸いにもお会いしたドクターやマスター(師匠)が良い方ばかりで、皆さんからお光のような助けの手を差し出していただき、怪我の回復はスピードアップ。それに合わせて自分の心もみるみる「芯」を太くしていきました。

怪我のお陰でお会いし、仕事のお世話までしてくださった腕利きオステオパシードクターAaron Anderson先生、胸の奥深くに眠っていた私の夢を叶えてくださったJoe Lok師匠には心から感謝しています。
そして遠くからでも根気強く私の仕事の後ろ盾をしてくださるLone Sorensen先生、私の唐突なお願いも快諾してくださったSasaki Satoe先生、香港のつながりを与えてくれたEric StandopStephanie Luo、小さなヨガクラスにも関わらず美味しいベガンフード提供のコラボを毎月してくださったShima Shimazuシェフ、得体の知れない日本人ヨガインストラクターに付いてきてくれる生徒のみんな。そしてその生徒を紹介してくれた香港とルクセンブルクつながりの親友Stephane Loupy。ルクセンブルクに帰るたびにサポートしてくれるOdette Tonnaer社長。書き出したらきりがないくらい、今年も本当にたくさんの人にお世話になりました。

この1年お世話になった皆様には2015年をググーッと遡って大きな大きな「感謝」の光をお送りしたいと思います。

皆様の心の光に「合掌」。

皆様の前進する道に輝く光が降り注ぎますように。

Hong Kong View 23.15.52

1年の計は年末にあり。

1年の計を元旦に出しても、ちょっと遅いですね。
…ということに気がつき、12月は2016年度の計画実行に関する土台をコツコツ作成中です。早め早めの準備で、「よーい、ドン!」の出走時に穏やかな心で居られるように心がけています。

 

IMG_7994.JPG
香港島側から九龍側を眺める - Discovery Bay Ferryの船内にて

写真は今朝の出勤時にフェリーから撮影しました。昨年の12月に比べるとかなり暖かい冬です。とても過ごしやすいのでいいのですが、時々「雪のある」とっても寒い冬がちょっぴり恋しいかも。